新しい給湯器に交換して快適な生活を過ごしましょう

使用し続けて起こる故障

リモコン

費用

ガス給湯器については、原因不明の不具合が生じたり、故障してから交換するといった方も数多くいるのではないでしょうか。冬のシーズンに突然お湯が使えなくなったと思ったら、ガス給湯器が故障していたということも少なくありません。ガス給湯器が故障してしまう最も多い原因については、経年劣化になります。工事を行う業者によれば、ガス給湯器をある期間をもってメンテナンスする家はほとんど存在しておらず、不具合があると感じながらも使用し続けて故障が生じてしまうケースが数多くあると言います。消耗品が故障してしまった場合、修理すれば再び使用していけると考えている方もいるでしょう。しかし、ガス給湯器については、設計する上での標準使用期間が10年と決められているので、10年を過ぎてしまうと所有している本人がお金を払って点検するようになっています。メーカーカタログに載っている、ガス給湯器を点検する費用については、一回につき7000円から9000円ほどになります。点検した後修理しなければならない場合は、パーツ代と工事の費用が発生してきます。基盤が故障した場合においては、パーツ代がおよそ5万円から発生し、それプラス工事の費用が発生してきます。経年劣化が影響して故障してしまった場合は、修理したポイント以外にも他のポイントが故障してしまうケースが数多くあり、新たなガス給湯器にかえた方が安く抑えられることがほとんどです。分譲マンションについては、修繕積立しているから問題はないと思う方も多くいるでしょう。しかし、専用部分になるガス給湯器の交換や修理は、所有している方が負担することになるので気をつけましょう。

Copyright© 2017 新しい給湯器に交換して快適な生活を過ごしましょう All Rights Reserved.